真夏のじゅりぃ~

全国的に連日猛暑が続いていますが、こちらは上がっても32℃位なので過ごしやすいです(^^)/
って、暑さに体が慣れてきたのでちょっぴり強がれるようになりました。
とは言ってもちょっと動くと汗ダラダラですが・・・(^-^;

じゅりぃのお散歩は夕方遅く行っているのですが、短足で真ん丸ボディなので身体に熱が籠ります。
なので帰ってきたらガレージで水遊びしてクールダウンしています。


ああ~気持ちいい~♪

じゅりぃ

ひんやり~♪


じゅりぃ

ドリルーーーっ!!

じゅりぃ

えっ?・・・角が生えてきた??
じゅりぃ

ちゃいます!毛が伸びただけです!!(^^)

じゅりぃ

可愛らしい水鉢風の容器に入ったソーダゼリーです♪
これに和菓子の金魚が入っていたら完璧なんだけどなぁ~。

ゼリー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

気持ちよさそう

美智さん、こんばんはです。

じゅりぃちゃん、ほんとに気持ちよさそう♪
お水を怖がらないのがいいですね。
うちのはひとりを除いて怖がる子ばかりでした~。

そっか~、昨夜は宮崎の夜空でグレートが暴れちょったとですね!
どうりで凄まじかったわけだ。
音が右からドーン!左からドーン!、その後停電…(・◇・)
携帯をいじっていた時だったので、ディスプレイの明かりを頼りに懐中電灯を取りにいきました。
早く点いてね、暑いからと思いながら。


おぉ!ベルばら!
私、これも好きです。
そういえばこれ、作画はグレンのあのお二方ですよね?
宮廷、貴族。
絵に美しさが要求される作品だけに、最適過ぎる人選だったと思います。


グレンねぇ。
どうしても拘ってしまいます。
過去のことをなんぼ言ってもどうにもならないのは分かっているんですが、どうにも気持ちの整理がつかない。主にマリア関係。
甲児くんを好きにならずにいてくれたら、かわいい子で終わったのに。

どれも別作品!パラレル!差異次元!そう思っても落とせない。
でも救いは原作者である永井氏。
だから良いはずなのに、落としきれない(T^T)


ネットで、グレンは甲児くんの成長物語でもあるというのを見かけるんですが、Zの頃がその成長の下敷きになっているのは当然ながら、その中身にほんの少しだけ、恐らくは人とは違う下敷きが私の考えの中にはあったりします。

まぁそれはそれとして、最終回での別れのシーン。
甲児くんのあの送り方は別の意味で正しいのじゃないかな?っとも思ってました。
もし、地上で送っていたら大変なことになっていたんではないかな?


グレンって、どんなに良いストーリーの回があっても、人物に関しては結局は甲児くんと、マリアちゃんの印象が強い人のほうが多い。
仕方ないですけどね。
マリアではなく違う名前のほうが良かったのでは?とも思います。


それと、甲児くんの性格や年齢を考えると、グレンでの様々なことは納得も出来なくもないのですが、だけど!、なんです。
やっぱりね、さやかさんのことを考えると、甲児くんってズルいなって思ってしまう。

甲児くん嫌いなんじゃないですよ~。
さやか>>甲児 なだけです~。

No title

おはようございます、紗名さん

雷は本当に凄かったですね(^-^;
思わず”なんしちょっとよぉ~鉄ちゃん!!”って呟きましたもの(心の中で(^-^;)

ベルばらはデザインが荒木氏と姫野氏でしたからほんと綺麗でしたね(^^)
演出家の長浜氏が最終回まで担当されていればまた違った作品になっていたかもしれませんが、でもこればかりは今言っても仕方のないことです。
ただ、当時荒木伸吾氏がそのことを凄く残念そうに話された時のことが、いまだに忘れられません。
(当時荒木伸吾氏のファンクラブを主催していたのでお会いする機会があったのです)

私もどっちかっていうと甲児君よりもさやかさんが好き!!派です。
でもってジュンちゃんもひかるさんも好きです♪
多分ヒーローを遠くから見て憧れるよりも、ヒロイン側にいてより傍にいたい!!
っていう気持ちからそうなったのかもしれません。
だからこそ、グレンの甲児君が受け入れられなかったのかもしれないですね。
だって、心の拠り所っていうか居場所がないんですもん。
幸いにも私はひかるさん派だったので”甲児君何やってんの?”的な見方してグレンを見てました。
ひかるさんの扱いの酷さとさやかさんの存在の無い虚しさ・・・・
ナイーダの登場は別に何とも思わなかったのですが(ナイーダ大好きです)
マリアの登場には”え・・・・・・・”って思いましたね。
まあ明るさが欲しかったのでしょうが(デザインは最高だと思います!!)
甲児君が出ていなければとても好きになれた大介さんの妹でした。
兄妹という組み合わせは大好きです。
ただ甲児君には絡んでほしくなかった!!!
でも、同じ番組に出ているしどうしようもないから「パラレルワールド」だ!!と思い自分を落ち着かせました。
大体・・・変ですよ!!
いくらマジンガーZを操縦し闘い、その後グレートに任せてアメリカ留学、
グレートで最後助太刀してまたアメリカへ、でも直ぐに自造のTFOに乗って八ヶ岳にって・・・・・
それが18歳って・・・・それが限りなく19歳に近い18歳と仮定しても無理があり過ぎ!!
でもって推定年齢20歳の大介さんとのあまりのキャラの違い・・・。
グレート後半で見せてくれた大人びた甲児君がグレンではいきなり少年化してるし・・・・
行動も子供じみているし・・・・・
ハッキリ言っておバカな甲児君にショックを受けました。
今だったら10代後半てそんなもんだよね!!って思うけど、
でも40年前の10代後半ってもっとしっかりしていたぞ!!!!

すみません、話が変な方向へずれましたね(^-^;

Z、Gで成長した甲児君が、グレンで客寄せパンダよろしく名前だけ借りられてアシスタント扱いされた・・・と、
そう思っている限り、私の中ではグレンはパラレルワールドです。

美智さん、こんにちは。

ちと遅くなってしまいました。


ベルばらの長浜氏の演出回を見てみました。
15話まで担当されたんですね。
特殊というか、少女マンガの手法(カット割りとか)をアニメに取り入れたりと、それまでにない演出をされる方だったとか。
今見ると、なるほど~と思える場面の数々でした。
降板されたのは、オスカル役の田島令子さんとの意見の食い違いがあったためらしいですね。
もしそれがなかったら、どんなベルばらになったのかな?
それにつけても、荒木氏のファンクラブを主催されてらっしゃったとは、なんという行動力!スゴいです。


マジンガーシリーズ、一時的に敢えてグレンも入れますが、なんかヒロインの扱いが、、、良いような悪いような…f^_^;)いや、ヒドいよね?
ジュンちゃんが一番マシかな。


当時の男の子も、甲児くんのひかるさんやマリアちゃんへの態度とかには、「へ?さやかさんはぁ~???」となったらしく。
男の子のほうが、より多くZから続けて見ていたでしょうから、その男の子をもってしてこんな風に言わせるとは!
浮気の勧めじゃないんだからさぁ。
まぁ、あの年齢の恋なので、わからんこともないんですが、もちょっと甲児くんを誠実に描いて欲しかったんですよね。


マリアちゃんも…憧れから淡い恋心へというのも自然で理解できるんですが、なんだかね、なんです。
ブラコンで大介さんにベッタリなんて感じにしてくれたら、印象違ったでしょうね。
絵が可愛いからなおさら。ほんと、癪に障るくらい可愛い!

マリアちゃんが登場してからそれぞれのバランスが取れたということだけど、マリアちゃんって、甲児くんにとっては「さやかさん+シローちゃん」ですよね。(個人的見解です)
でも、そう思って見ても、ダメやった~~!

甲児くんは、三枚目な二枚目だとは思っていますが、グレンの初めのほうでは三枚目過ぎなのがねぇ…さやかさんがいれば、いつもの喧嘩よろしく落としてくれただろうに。(どこまでいってもさやかさんに拘る私)

No title

こんにちは、紗名さん

昨夜の花火はお天気が良かったので綺麗に見えましたね(^^)/
で、意外だったのが空港です!!
8時過ぎに迎えの為に空港に行ったのですが、
展望デッキには花火を見るために多くの人たちがいました!!
そっか!!こんな穴場があったんだ!!!とビックリ!!

アニメ版ベルばらで長浜氏が去られた後、出崎氏に替わりましたが
ちょっと暗めの演出が多かった方なので後半は一気に暗く重たくなりました(^-^;
まあ、もともとベルばらの後半は重たくなるので仕方ないと言えば仕方ないのですが・・・。
長浜氏だったら氏が手掛けられたボルテスVのように、同じ革命がテーマの作品のように少しは希望があるそんな演出が見れたかも・・。
それにしても・・・当時のあの作画レベルで、よくぞあそこまで描けたものだ!!と思います!!
だから田島さんにはそこのところを汲んでほしかったなぁ~・・。
余談ですが・・・
来週の木曜日の7時から新番組「ベルばら」放送始まります!!お楽しみに!!
と、番宣しておきながら次の週に別番組が入れられていたという・・・
あの時のショックと言ったらもう!!!!!
で、あったまに来てU○KにTELしたら
”すみません・・・スポンサーの寿○さんからオープニングのオスカルのヌードが
よくないと言われまして、別番組に差し替えました”と言われました・・・。
そうです!!当時絶大な影響力のあったあの寿○さんの一声で放送が無くなったのです・・・。
もう頭に来てしばらく行きませんでしたよ私(T_T)
キューティハニーもちろんダメ!!
でも、メルモちゃんは大丈夫って・・・・・当時の基準が分かりません~!!!

グレンでのマリアちゃんはあくまでも大介さんの妹というポジションでしたね。
っていうか、私はそれ以外考えたことありませんもの(^-^;
ひかるさんを小バカにする台詞にプチ切れて見てました(^-^;
でも・・・・幼いし可愛い顔してるし・・で、憎めませんでした(^-^;
恐るべし荒木(姫野)マジックです!!

ほんと・・・どこかで一回でも荒木(姫野)両氏作画監督の回でさやかさんが出ていたらなぁ・・・
たとえ大喧嘩して”甲児君なんて大っきらい!!”って言って帰って行ったとしても、
その喧嘩が見れただけで安心できたのに・・・。
そうしたら”マジンガーシリーズはZ・G・グレンだよね!!”って言えたのに・・・。
本当に当時の大人の事情の馬鹿ーっ!!!!
プロフィール

じゅりぃ母美智

Author:じゅりぃ母美智
気になったら「思い立ったが吉日!」と即チャレンジしています。「しないで後悔するより、まずはやってみよう!!」で、結構身についています(^_^)v

じゅりぃ♀は父(黒パグ)x母(シーズーxカニヘンダックス)のMIXわんこで、広島生まれです。

※画像・文章の無断転載・複写は、申し訳ありませんがご遠慮願います。
2010・1・5

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード