ゴーダンナー

たまに聴きたく&見たくなるアニメです。
エロカットには眉間のシワが増えますが(^-^;マジンガーファンにはちょっと懐かしい感じの漂う楽しい作品です。
なので、以前も紹介しましたが、今回は絵が光司鉄也のところから(^^)/

ゴーダンナーOPフルバージョン

追記
新幹線500系エヴァンゲリオンプロジェクト・・・凄いですね!!
出来たら東北新幹線でもやってくれないかな~。

新幹線 エヴァンゲリオンプロジェクト
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

ゴーダンナー!
昨日、もう一度見てみました(^-^)
適当にepisodeを選んだのですが、ビンゴだった模様。

石丸博也氏、じゃない、葵博士が博士として戻ってきた回でした。
暫く見ていたら…
え?え?え?

「神に等しき鋼の巨人は、人の魂を得ることで真の正義の使者となる」
「神に等しき力と、人の魂がひとつになった故の強さ…か」
「何故私が巨大ロボットを選んだか、その答えが今、ここにある」
―第24話より―

思わずバックしてメモってしまいました。
こんなセリフを石丸博也氏の声で聞けるとは!でした。

その上、オペレーションZ! Zミサイル!
Zが連呼されちょる~(≧∇≦)

「泣くな!こうじ!」(あえてひらがなで)
これには吹き出してしまいました~。
えぇ、なにより石丸氏のお声ですし。


しかも、ラビット症候群?(名称ど忘れです)で取り込まれていく姿が、真マジンガーzeroを見ているようでした。
両作品共に、オマージュのような感じですね。
真マジンガーがゴーダンナーを意識したのかは分かりませんが。

No title

こんにちは、紗名さん

良い回をチョイスしましたね(^^)
ストーリー上なんら違和感のない台詞ですが、
”それを石丸博也さんに言わせるかぁ!!(*^^*)!!”って、
まさに言わせたいが為のキャスティングでしたね!!

”泣くな!こうじ”
これは私もマジ吹き出しましたよーっ!!
これ以外にも”こうじ”と名前を呼ぶシーンがなんとも嬉しくて♪
(しかも下の名前は鉄也だし(^▽^;))
「こうじ」も息子だったら、なお嬉しかったのにって思います。
と、
「さやか」さん的なポジションのキャラがいたらもっと嬉しかったな(^^;

変なエロカットと思わせぶりな台詞と某幼児体型ヒロインが無ければ
もっと多くの人に見てもらえたような気がする作品でした。
でも、そうでもしないとDVDを買ってもらえないという、アニメ業界の実情もありますからね・・。

真マジンガーzero・・・そういえば、今どこまで話が進んでいるんだろう?(^^;
鉄也がクローンだった・・・という所から先が分かりません(^^;
後でちょっと調べてみようと思います(^^;
そういえば、グレンダイザーギガもどうなっているんだろう???(^^;

またまたお邪魔いたしますm(_ _)m

こんばんは。

はい、あの回が一番上にあったことがラッキーでした(^_^)v

ほんとに、石丸氏だからですよね。
分からない人にはトコトン分からないネタ?なんだけど、分かってるこっちはもう!(≧∇≦)キャーでした。

エロ?
幸いにして目にしてないけど、今回見たことで、もうちょっと見たい!という気になっているので、これからそんな場面に当たるかも…ですね。

売るため。
女性のみなさんのお胸の発達具合だけでも、売れる要素あると思うのですけどねぇ。
でも、それだけでは弱いということなんでしょうね。


真マジンガーは、風の便り(画像検索)で、甲児くんがマリアと(偽装)結婚していて、それを知ったさやかさんとミネルバにはり倒されるけど、甲児くんが真相を話して安堵というところまでは把握してるんですが、その後は分からないですねぇ。

この漫画、ちょっと(-_-)ウ~ンと思ってしまうとこもあるけれど、甲児くんとさやかさんの関係や絆とかの描き方には満足満足であります♪

No title

おはようございます、紗名さん

今思い出したけど、ケロロ軍曹でマジンガーを彷彿させる回ありました。
1つはケロロが住んでいる家のママさんが操縦する女性型ロボットでのドタバタもの。
44話 
 Aパート「ケロロVS冬樹 スポーツで激闘 であります」
マジンガーZの色々な武器も出て楽しかったです♪

もう一つは甲児石丸さんと鉄也野田さん出演の回で、マジンガーZとグレートを
彷彿させる内容でした。

280話
 Bパート「 ケロロ 悲しみのケロボット であります 」

銀魂!では石丸さんと水島さんボイスでジャッキーチェンの映画パクリものもありました。
銀魂 109話 「人生は試験だ」という回です。
どの回も面白かったですよ(*^▽^*)

真マジンガーですが、最近までのあらすじはなんとなく分かりました。
そろそろ終わりそうですが(?)かなりゴチャなストーリーなので、ちゃんとまとめられるんだろうか???って、不安です(^-^;
まさかイデオンのように何もかもが無になって終わるとか・・・・
壮大な夢落ちはないでしょうから(^-^;一体どんな終わり方なのか・・・
ちょっと気にはなります。

鉄也のクローンが一杯出てくるのって、桜多氏のグレートマジンガーで
量産型のグレートが沢山出ているのを、鉄也に変えただけですね(^-^;
カッコイイ鉄也ではあったけど・・・なんかそこまでする?って感じでした(^-^;
真マジンガーって結局兜の血が災いの元・・・って感じなので、なんかちょっと嫌です(^-^;
でも、・・・気にはなる(^-^;

今朝も顔を上げればその先にキジバトさんが卵を温めています(^-^;
平和だなぁ~(^^)
でも・・・天気が悪いですね(^^;
だれよ!!晴れって予想ったのは!!

ゴーダンナー、1話を除く全編見終わりました!(1話だけなかった(;_;))
この作品良いですね。
気がつけば、静流が好きになっておりました。
あと霧子さん。
私、大抵女性キャラを好きになるんですよね。
ですが、決してそっち系ではないです。
いたってノーマルです。

光司くん、確かに甲児くんみたいだ~。
でもって、葵博士の若かりし頃もほんと!甲児くん!
おぉ!でした。
嬉しいことがたくさん!
良い作品を教えてくださり感謝です。


幼児体型の、というと、「私はメナージュゼロの女」と最終話あたりで言っている子のことですよね?宇宙にいた。
この子、私の持つグレース・マリア・フリードのイメージと重なります。
大多数の方が持つマリア嬢のイメージとは違うのですが、私にはなぜかこう見えてしまうんですよ~。


エロも、あぁこれか!と。
あら、そう、と流せはするのですが、こういうのは私もちょっと…です。


もひとつ、忘れるとこでした。
ダンナーが出撃する際にかかる音楽。
なんで、人の命は~って脳内で水木さんが歌い出すのかな?と、注意深く聞いてみたんですが、短いけれどZのテーマの一部と同じですよね?
作曲者同じだからかも?
そこでもニマ~でした。
あ!ケロロ軍曹。
ちょっと探してみます。

No title

こんにちは、紗名さん

ゴーダンナーを一話以外はすべて見たって・・・・・凄いです!!!
私は毎週一回の放送ですら途中で疲れてしまった時もありました(^^;

静流さんは確かに良い女ですよね!!
それと、ミラも好きです♪
なんていうか・・・静流はナイーダでミラはルビーナ的なキャラ?
まあ全然見た目も性格も違うけど、主人公との関係性がちょっとね(^^;
でも、あの主人公は全然デュークっぽくはないですが(^^;
メナージュ・ゼロの女・・・ルウ・ルーですね。
確かにマリアとちょっとかぶりますよね。
それにしてもいつも思うのですが・・・男性キャラはフルガードなのに、
何故女子キャラのガードスーツはハイレグで、やたら胸を強調していて、体を覆う布のスペースが少ないんだろう・・・・。
さやかさんのミニスカートも”おいおい・・・”って当時から思ってたけど、
なんか・・・・差別よね~!!!!!

ゴーダンナーの曲は、マジンガーZとグレートと同じ渡辺宙明氏ですね!!
大好きな作曲家さんです!!
アップテンポな曲もスローバラードな曲も本当に素晴らしくて、以前同人活動やっていた時にはバンバン聴いてました(^^)/
余談ですが、グレンの菊池俊介氏の曲も分かりやすいですよね!!
ドラゴンボールも水戸黄門も暴れん坊将軍も・・・全て同じように聞こえてしまいます(^^;
でも、大好きな作曲家さんです!!

こんにちはー

朝こちらにも、と思っていたのですが、時間がなくなってしまったので。

男性諸氏の関心(作品に)を引くためだろうとはいえ、露出があると戦うには不向きだと思うんですよね。
さやかさんのピンクのは、それそのものは可愛いと思うけど、足ケガするよ!と心配してしまいます。あれじゃアザとか半端なさそうだし。
でも、このタイプは他にないですよね?

真マジンガーのさやかさんに至っては…これ、論外!
なんて格好させるんじゃー!o(`□´)ノ


ミラも良いですね。
しかし、ごおちん…モテますね。
見始めた時は、え?おじさん…だよ?と思って見てました(^_^;)
でも、それなりにカッコ良いかな?


それで思い出しました。
いつぞや、
美男美女の喧嘩、怒った美女はセクシーらしいからっ
というのをコメントしましたが、甲児くんにのた打ち回ってともらいたいのは精神的に、という意味だったのです。
(決してエッチな方向ではない)
多分、間違って伝わっただろうなぁと思いまして。

No title

おはようございます、紗名さん

コメントを見逃していました(^^;すみません(^^;
スカートで闘っているヒロインと言えば、ガッチャマンのジュンちゃんもそうですね(^^;
まあ一応変身しているので生足ではないとは思うのですが、
そうそうコンバトラーVの南原ちずるちゃんもミニスカートでしたね(^^;
それとボルテスVの岡めぐみちゃんも・・・・
あの頃のヒロインって皆大変だったなぁ~(^^;

永井豪氏の作品関連でのエヴァンゲリオンの戦闘服「プラグスーツ」風なのは・・・・
意味が無い接続部分があってドン引きします(^-^;
女性からみれば”意味ないだろ、それ・・”って冷めた目で見るけど、男性はウケるのかな(^-^;
だったら男性キャラも同じようにしないと不平等だわ!!!
と、頭の固いおばさんはツッコミいれてます。

美男美女の喧嘩ですが、セクシーになる場合と、綺麗な顔が怒りで崩れて残念になる場合がありますね(^-^;
特に甲xさの場合は、それ+かなり凶暴化するので(^-^;
全然色っぽさの無い喧嘩ばかり妄想してしまいます~(^-^;

で、ボコられてのたうち回っている甲児くんがそこにいるという、シチュエーションです(^-^;
しっかし、なんだなぁ~・・・
第三者の目から見たらDV???(^-^;

あっちゃこっちゃと

こんにちは(*´∇`)ノ

>見逃し
いえいえ、私の方こそすみません。あっちゃこっちゃと書き込んでしまって m(_ _)m

ミニスカートの戦闘服。
言われて記憶が戻りました。そうでした。
結構いましたね。
体を張って戦っていたヒロインたちやわ~。


真マのさやかさん
そうそう、意味のない接続部分! おまけに裸同然…コックピットの構造はさておき、それは無かろう、と。
三博士!さやかさんになにすんじゃー!!!
って、最初に見たときは跳び蹴りでもしたい心境でした。


>甲児くんがさやかさんにボコられて
あり得る~ (^w^)
甲児くんに渡り合える女性はさやかさんだけだし、さやかさんくらい気が強くないと、真の意味で甲児くんのパートナーは果たせんじゃろ~ね。と思います。

あ、ひかるさんのこと、ここに書いとこう。
美智さんがひかるさんを好きだからと擁護するわけではないですが、私、世間で言われるほどひかるさんに対して悪印象がないんですよね。

参戦するのも、大介さんを思えばこそだし。
(素人、経験無しは置いといて)
一輪の花の趣旨から外れるとはいっても、その一輪の花は愛によって強くなると思うのですが…
それじゃイカンかったのかな?
守るべきものだから、ただ守られていればいいというのは、一輪の花を下に見過ぎのような気がするんです。あくまで私見ですが。

甲児くんファンまで敵に回してしまったのは、あれは一も二もなく脚本家のせいやろ~と。
あのキャンプ(でしたっけ?)の場面で、甲児くんにさやかさんを思い出させておけば良かったものを。
はい、あくまでもさやかさんに拘ります。すみません。

No title


おはようございます、紗名さん

今日も暑くなりそうですね(^-^;
よせばいいのに昨日は炎天下で剪定作業をやったので、
予想以上にバテました(^-^;

ミニスカートのヒロインで思い出したのですが、
仮面ライダーストロンガーで前半出ていた岬ユリコこと、電波人間タックル!!
”何故に電波人間???女性版仮面ライダーでいいじゃん!!”って
子供心に思って見ていました。
そのタックルに変身した時の、生足にブーツにミニスカートでパンチラ(^-^;という姿・・・
当時はなんの違和感も感じませんでしたが(ワカメちゃんのパンチラと一緒?)
今見るとまあ~なんてセクシーなこと!!!!
”おいおいそれじゃあ闘えんだろう・・・・・・”ともの凄くツッコミ入れてしまいました(^-^;
”太もも付近は大きな血管があるから怪我するとマジ危ないんだよ~!!!”(◎_◎;)

甲児くんにはさやかさん!!
これは絶対ですね!!
アニメのグレンでの理不尽な扱いと、昔冒険王で連載された桜多氏のグレンでのラストでの扱いを除けば、この二人の関係は揺ぎないものです!!
グレンという作品だけが異質ワールドですね(^-^;

意外とひかるさんて海外では結構人気あるんですよ(^^)
あまり自己主張しないのを良しとした日本人と違って(当時はね(^^;)
”好きになった相手の為に自分の気持ちを前面に押し出して行動するヒロイン!
それって普通でしょ?”
ってな感じで、普通にひかるさんというキャラは受け入れられていたようです。
ただ、日本ではダメでしたね(^-^;
脚本にも問題がありましたが、やっぱそれ以前の問題で
”甲児君さえ出していなければ!!”と・・
結局それに尽きると思います。
「すっごく見た目も、名前まで同じ兜甲児というキャラが出ている作品!!
でも、マジンガーZの彼ではないよ!!」
に、してくれていたらなんら問題なかったのになぁ・・・・・・・
プロフィール

じゅりぃ母美智

Author:じゅりぃ母美智
気になったら「思い立ったが吉日!」と即チャレンジしています。「しないで後悔するより、まずはやってみよう!!」で、結構身についています(^_^)v

じゅりぃ♀は父(黒パグ)x母(シーズーxカニヘンダックス)のMIXわんこで、広島生まれです。

※画像・文章の無断転載・複写は、申し訳ありませんがご遠慮願います。
2010・1・5

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード